水素関連情報

「水素の発生で腎臓病の悪化を抑える効果」大阪大学の研究グループが発表

6/27 関西テレビで放映されました。
体内で水素が発生する状態にすることで、腎臓病などに抑制効果があること、
また、新型コロナウイルスの重症化を防ぐ可能性にもつながること等が発表されました。

関西テレビ 2020.6.27放映

大阪大学の研究グループは、動物の体内で水素を発生させたところ、腎臓病などの悪化を抑える効果があったと発表しました。
大阪大学産業科学研究所の小林光教授らの研究グループによると、人の体にある活性酸素は免疫機能として働く一方、増えすぎると細胞を傷つけ様々な病気を引き起こすとしています。
研究グループは、活性酸素を消滅させるには体内で水素を長時間発生させ続けることが有効だと考え、これを可能にする「シリコン製剤」と呼ばれる薬を腎臓病のラットに投与しました。
その結果、ラットは腎不全の発症が抑えられたほか、腎機能もよい状態で保たれていたということです。
活性酸素を減らすことが新型コロナウイルスの重症化を防ぐ可能性もあるとして、研究グループは「様々な病気に発展させたい」としています。

Yahoo!ニュース(関西TV)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です