組織概要

全日本水素普及会は
『水素科学は未来の地球を救う』を掲げ、活動します。※
組織は以下の6種であり、相互連携によって目的を果たします。

※一般社団法人化を目途に活動を進めています。

①幹事会

幹事会は全ての決定を行います。
順次、③の全日本水素普及会支援会のメンバーによる推薦で、幹事会で承認して新幹事を迎えます。
【2020年11月2日現在の幹事】
阪彰敏(幹事長)、福田修、嘉指基博、林健司、藤田博行、安達泰弘、山本結貴子の7名。
最終30名前後の予定

 

②二類組織(関連組織)

幹事会が形成する実務実行組織であり幹事会が定めた目的に基づき業務を遂行します。
トップ人事、目的は幹事会決定で決定します。
各2類組織の予算は一部幹事会決定でサポートするが基本独自予算を原則とします。

【現在設置されている二類組織】
2-1 支援会事務局 事務局長:阪
2-2 水素+健康計画推進委員会 委員長:阪 委員:嘉指、福田
2-3 特許研究部会 委員長:溝口

③支援会

全日本水素普及会はを支援する個人、法人代表者で全日本水素普及会に寄付行為を行ったものの会です。
幹事会の求めに応じて幹事を推薦し、それに応じて幹事会が認否を決定します。
寄付行為には、現金G寄付行為、肉体N寄付行為、知恵知識C寄付行為などがあり個人、法人を幹事会で認定します。
支援会メンバー(法人の部)
支援会メンバー(個人の部)
などとなり、支援会支援事務局で、サポートします。

【支援会メンバー】(準備中)

●法人
有限会社かざし電気(パナソニック販売店)
株式会社地域包括ワンオール茨木南
社団法人日本おくすり手帳普及協会
株式会社ハッピーワールド(OSG販売店)

●みなし法人
わん好き(山本結貴子)

●個人
安達泰弘
阪 彰敏
林 健司
藤田博行
山本結貴子

④一般会員

個人法人の希望により登録。
全日本水素普及会の行う各種催しに参加できます。無料を原則とします。
会員管理・サービス事務局(担当 阪彰敏)
会員名簿整備などを行います。

⑤評議会

支援会の推挙により幹事会が委嘱。全日本水素普及会を推進する幹事会を評議します。
無給で行っていただける方にお願いしますが、10人前後で、欠員が出れば支援会の推挙を求めます。

⑥指導者・学術経験者会

幹事会が委嘱。
基本的に有給で、全日本水素普及会の指導的役割をお願いします。

⑦市民 国民 地球人