水素関連情報

消費者庁が、水素水生成器の事業者4社に景品表示法に基づく措置を命令

消費者庁

消費者庁は、令和3年3月29日及び同月30日に、水素水生成器の販売・レンタルサービスの提供事業者4社に「景品表示法に違反する行為」の名目で規定に基づく措置命令を出しました。
水素水生成器の販売・レンタルサービスの提供事業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令について

要約すると消費者庁は、
本件は水素に関する誇大広告を行った という指摘をし、
4社はそれを認めた、というのが表面上に出ている事実です。

但し、これらが「真に科学的な根拠に基づき」判断され対処されたことであるか否かについては、大いに疑問があります。

消費者庁による、評価を『科学的』に反論する立場に、全日本水素普及会はあるという認識です。

今後のマスメディアの姿勢も注目に値します。

いよいよ時代の節目に指しかかってきたと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA